「社会福祉法人ロザリオの聖母会」沿革


1929(昭和4)年
○戸塚文卿神父が東京市外荏原にナザレトハウスを開設
1931(昭和6)年
○矢指村野中に小家屋新築、ナザレトハウス移転
1935(昭和10)年
○ナザレトハウスを増築し、病院組織に(海上寮・うなかみりょう)
1947(昭和22)年
○宗教法人「聖フランシスコ友の会」が日本医療団より海上寮買い戻し
1952(昭和27)年
○社会福祉法人ロザリオの元后会創設
1956(昭和31)年
○結核病院である海上寮療養所に精神神経科を併設
1971(昭和46)年
○結核病棟を廃止。精神神経科の病院となる
1988(昭和63)年
○重症心身障害児施設「聖母療育園」を開設(現:医療型障害児入所施設・療養介護「聖母療育園」)
○聖母療育園で養護教育を開始
1989(平成元)年
○法人名をロザリオの聖母会に改称
1991(平成3)年
○身体障害者療護施設「聖マリア園」を開設(現:障害者支援施設「聖マリア園」)
1994(平成6)年
○知的障害者更生施設「聖家族園」を開設(現:障害者支援施設「聖家族園」)
1995(平成7)年
○精神障害者等の無認可作業所「ワークセンター」を開所(現:就労継続支援B型事業所「ワークセンター」)
1997(平成9)年
○知的障害者通所授産施設「みんなの家」を開所(現:障がい者の就労促進事業所「みんなの家」)
○精神障害者グループホームの運営に着手
1998(平成10)年
○聖マリアデイサービスセンター開所
1999(平成11)年
○精神障害者地域生活支援センター「友の家」を開所
2000(平成12)年
○「聖母通園センター」で重症心身障害児者通園事業を開始(現:生活介護等事業所)
○居宅介護支援、訪問介護など老人福祉事業に着手(現:ロザリオ高齢者支援センター、ロザリオ訪問介護事業所)
2001(平成13)年
○佐原市(現:香取市)に知的障害者更生施設「佐原聖家族園」を開設(現:障害者支援施設「佐原聖家族園」)
2002(平成14)年
○地域生活支援センター「さわやかネット」を開所(現:中核地域生活支援センター「海匝ネットワーク」)
○知的障害者更生施設「聖家族作業所」(通所)を開所(現:生活介護事業所「聖家族作業所」)
2003(平成15)年
○佐原聖家族園通所部 「つどいの家」を開所(現:佐原聖家族園 多機能型事業所「つどいの家」)
2006(平成18)年
○香取障害者支援センターを開所
○障害児デイサービス「ふたば保育園」を開所(現:児童発達支援等事業所)
○平成9年から運営のグループホームを統括するグループホーム支援センターを開所(現:16か所)
○ケアホーム香取・グループホーム香取を開所(現:4か所)
2007(平成19)年
○旭障害者支援センターを開所
○東総就業センターを匝瑳市に開所(現:みんなの家併設)
2011(平成23)年
○海上寮に認知症訪問診療室を設置
○香取就業センターを多古町に開所
○デイサービスセンター・ローザを開所
○ロザリオ発達支援センターを開所
2012(平成24)年
○法人創立60周年
2013(平成25)年
○旭市こども発達センター開所(旭市委託事業)
○高萩福祉センター開所(聖ヨセフつどいの家・香取障害者支援センター・香取就業センター)
2015(平成27)年
○ロザリオ訪問看護ステーション・ソフィア開所
○障害者相談支援センター・みらい開所
○ロザリオ発達支援センター開所(ふたば保育園・ふたばクラブ・障害児相談支援)